top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

TILL ティル

1955年8月28日にアメリカ合衆国ミシシッピ州で実際に起きた「エメット・ティル殺害事件」の初の劇場映画化。

息子を愛する一人の母親の愛と勇気の物語。



1955年、イリノイ州・シカゴ。

夫の戦死以来、空軍で唯一の黒人女性職員として働く

メイミー・ティル(ダニエル・デッドワイラー)は、

一人息子で14歳のエメット;愛称ボボと

平穏な日々を送っていた。

しかし、エメットが初めて生まれ故郷を離れ、

ミシシッピ州マネーの親戚宅を訪れた時に悲劇が起きた。

エメットが飲食雑貨店で白人女性キャロリンに向けて

口笛を吹いたことで白人の怒りを買い、

白人集団に拉致されて凄惨なリンチの末に

殺され川に投げ捨てられてしまう。

息子の変わり果てた姿と対面したメイミーは、

この陰惨な事件を世に知らしめるため、

常識では考えられない大胆な行動を起こす____。

底知れぬ絶望を胸に、黒人の生活を脅かすアメリカ社会に

たった1人で立ち向った母メイミーの姿は人々に勇気を与え、

キング牧師らが率いた公民権運動を一気に加速させた。

☆ウーピー・ゴールドバーグ プロデュース&メイミーの母親役




12/15 ROAD SHOW

(C)2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.

Comments


bottom of page