top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

『月』

実際に起こった障がい者殺傷事件をモチーフとした

社会派サスペンス。

☆宮沢りえ×☆オダギリジョーが主役を務めた。



深い森の奥にある、重度障がい者施設。

ここで働くことになった堂島洋子(宮沢りえ)は

書けなくなった元・有名作家。

彼女を「師匠」と呼ぶ夫の昌平(オダギリジョー)と、

慎ましい暮らしを営んでいる。

施設職員の同僚は、作家を目指している

坪内陽子(二階堂ふみ)や、

絵が上手な青年さとクン(磯村勇斗)たちがいた。

そして洋子は自分と生年月日が一緒の入居者

“きーちゃん”と出会う。

光の届かない部屋で、ベッドに横たわったまま動かない

“きーちゃん”のことを、洋子は何故か他人に思えず

親身になっていく。

だが、その一方で他の職員による入居者への暴力や

ひどい扱いを目の当りにするが、施設長に言っても

一向に聞き入れてもらえない。

そんな理不尽な状況を誰よりも憤っているのはさとクンだ。

彼の中で増幅する正義感や使命感が、

やがて怒りを伴いいびつな形で頭をもたげ、

尽にその日がやって来た!



10/13 ROAD SHOW

(C)2023「月」製作委員会

Comentários


bottom of page