top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

6月0日 アイヒマンが処刑された日

ナチス親衛隊中佐としてユダヤ人の大量虐殺に関わった

アドルフ・アイヒマンの処刑の舞台裏を描いたヒューマンドラマ。



終戦後、逃亡しブエノスアイレスに潜伏していたアイヒマンは

イスラエル諜報特務庁により捕獲。

1961年12月に有罪判決を受ける。

処刑はイスラエルの《死刑を行使する唯一時間》に基づき、

62年5月31日から6月1日の真夜中に行われることとなった。

宗教的、文化的に火葬の風習がないイスラエルでは、

アイヒマンの遺体を焼却するため

秘密裏に焼却炉の建設が進められた。

その焼却炉を作る工場の経営者ゼブコ社長、

そこで働く13歳の少年ダヴィッドや労働者たち、

アイヒマンを担当した刑務官、

ホロコーストの生存者である警察官、

市井に生きる人々を通して、これまで描かれることのなかった

アイヒマン最期の舞台裏が描かれる。


″世界史の大きな節目″に深く関わった人々の物語を通し、

ユダヤ史の一大事にアプローチした作品

監督 ジェイク・パルトロウがイスラエルで取材を進め、

焼却炉を作った人物の息子からの

インタビューがきっかけで制作された。



9/8 ROAD SHOW

Comments


bottom of page