検索
  • Kotohime

茜色に焼かれる


この生きにくい世の中で、

母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。



7年前、夫・陽一(オダギリ・ジョー)を

理不尽な交通事故で亡くした田中良子(尾野真千子)は

中学生の息子・純平(和田庵)を育てながら、

施設に入所している義父の面倒もみている。

ブレーキとアクセルを踏み間違えて夫を殺した相手は

政府の上級官僚でアルツハイマーだったという理由で

逮捕されず罪にも問われなかった。

詫びの一言もない相手からの慰謝料は受け取らず、

一人がんばって来た良子だが、

コロナ禍で経営していた喫茶店は破錠。

今は花屋のバイトと風俗店で

仕事を掛け持ちする日々を過ごしている。

家計は当然苦しいのに、事情を知らない同級生から

純平はいじめにあっていた。

いじめの事実を知り学校の教師に抗議をするが

対応はよくなかった・・・。

そして良子にも手痛い裏切りが待っていた。

世間の冷たい風にさらされながら、

それでも良子と純平は懸命に生きていく、

そして絶対に手放さないものが彼らにはあった・・・。


社会的弱者として世の中の歪みに翻弄されながらも、 たくましく生きる母と息子を夕焼けが茜色の希望を灯す。 石井裕也監督の感動ヒューマンドラマ2時間24分、 是非御覧ください!



5/21 ROAD SHOW

公式サイト:http://akaneiro-movie.com/

(C)2021「茜色に焼かれる」フィルムパートナーズ

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示