検索
  • Kotohime

明け方の若者たち


大都会・東京で生きる若者の

ままならない恋と人生を描いた青春譚。

人気ウェブライター・カツセ マサヒコのデビュー作が原作。



二人が出会ったのは2012年の春、明大前で開かれた飲み会。

“僕”(北村匠海)は大学4年生、“彼女”(黒島結菜)は大学院生。

その日から“僕”の人生は

“彼女”がすべてになってラブラブー直線。

本多劇場で観た舞台「写ルンです」で撮った江の島

フジロックに対抗するために旅した7月

世界が“彼女”で満たされる一方で社会人になった“僕”は

自分の意にそぐわない総務部に配属され、

こんなハズじゃなかった人生に打ちのめされていく。

そして順風満帆だったの“僕”の恋は・・・

数ヶ月も彼女に会えていない・・・。

でも、それは始めから分っていたことだった⋯。

出会いのあの日から3年以上過ぎたのだから⋯。


「私と飲んだ方が楽しいかもよ笑?」

その16文字から始まった、沼のような5年間ーーーー。

それは愛しくて懐しい青春の日々➖人生のマジックアワー




12/31 ROAD SHOW

公式サイト:http://akegata-movie.com/

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示