top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

ロストキング←500年越しの運命→

500年に渡り行方不明だった英国リチャード三世の遺骨。

その発掘の立役者は歴史愛好家の主婦だった。

実話をもとに撮り上げたヒューマンドラマ。

ーひとりの女性の情熱が英王室の歴史を覆すー



二人の息子の母のフィリッパ・ラングレー

(サリー・ホーキンス)は職場では上司に理不尽な評価を受け、

別居中の夫ジョンからは生活費のために

仕事を続けるよう促され、苦悩の日々を過ごしていた。

そんなある日、息子の付き添いでシェイクスピアの

『リチャード三世』を観劇したことで、彼女の人生は一変する。

シェイクスピアの史劇により、冷酷非情な王として名高い

リチャード三世だが、自分と同じように

不当な扱いを受けてきたのではないかと思い始めたのだ。

やがてフィリッパは彼の汚名をそそぐべく遺骨探しを開始する。

そして2012年、イギリス・レスターのある駐車場で、

川に投げ込まれたといわれていた

リチャード三世の遺骨が発見された!


美しいイギリスの風景の中、ベンチに座ってほほ笑み合う

フィリッパとリチャード三世。。。

仕事で不当な扱いを受けてきたフィリッパと

悪名高き王と呼ばれ続けたリチャード三世の、

不思議な絆を感じさせられる異色歴史作品。



9/22 ROAD SHOW

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2022 ALL RIGHTS RESERVED.

Comments


bottom of page