top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

ベネデッタ

実在した聖女を描いたセクシュアル・サスペンス。

修道院長に就任しながらも、

歴史上初のレズビアン裁判にかけられた

ベネデッタ・カルリーニの数奇な運命の物語。



17世紀、ペシアの町(イタリア・トスカーナ地方)。

聖母マリアと対話し奇蹟を起こすとされる少女ベネデッタは、

6歳でテアティノ修道院に入り出家した。

純粋無垢なまま成人したベネデッタは、ある日

修道院に逃げ込んできた若い女性バルトロメアを助け、

秘密の関係を深めていく。

そんな中、ベネデッタは聖痕を受けて

イエスの花嫁となったとみなされ、修道院長に就任。

民衆から聖女と崇められ強大な権力を手にした。

ところが、ベネデッタに嫉妬の目を向ける修道女が、

ベネデッタは同性愛者だと教皇に直訴。

折りしも、ペスト流行にベネデッタを糾弾する教皇大使の

来訪がペシアの町に混乱と騒動を持ち込むのだった・・・。


暴力、セックス、教会の欺瞞が挑発的に描かれた

ポール・ヴァーホーベン監督ならではの作品。




2/17 ROAD SHOW

(C)2020 SBS PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 2 CINEMA - FRANCE 3 CINEMA

Comments


bottom of page