検索
  • Kotohime

TOVE トーべ


『ムーミン』の原作者として知られる、

フィンランドの作家トーべ・ヤンソンの半生をつづった作品



1944年ヘルシンキ。

戦時中、防空壕の中でおびえる

子供たちに語った物語からムーミンの世界を作った

トーべ・ヤンソンは、やがて戦争が終ると

爆風で窓が吹き飛んだアトリエで暮し始める。

それは著名な彫刻家で厳格な父との距離を置くためで、

保守的な美術界との葛藤の中で満たされない日々を送っていた。

だが、政治家でジャーナリストでもある恋人アトスとの逢瀬や、若き芸術家たちとのパーティや交流を経てトーべの思いは

ムーミンの物語とともに大きく膨らんでゆく。

そんな中、舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い

激しい恋に落ちる。

激情の中、ムーミンの物語そしてトーべ自身の運命が

大きく動き始めたのだったーーーー。


芸術家の情熱的な性と生き様が、

北欧ならではの細部にまで凝ったインテリアと

町並の中で際立つ『ムーミン』誕生秘話。




10/1 ROAD SHOW

公式サイト:http://klockworx-v.com/tove/

(C)2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示