top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

北野武監督の本気! 構想30年。

北野武が監督、脚本、主演を務め、“本能寺の変”を題材に

壮大なスケールで描いた戦国スペクタクル映画。



天下統一を掲げる織田信長(加瀬亮) は毛利軍、武田軍、上杉軍、京都の寺社勢力と

激しい戦いを繰り広げていた。

その最中、信長の家臣・荒木村重(遠藤憲一)が反乱を起こし姿を消す。

信長は羽柴秀吉(ビートたけし)明智光秀(西島秀俊)ら家臣を集め、

自身の跡目相続を餌に村重の捜索を命じた。

秀吉は弟・秀長や軍師・黒田官兵衛(浅野忠信)と策を練り、

元忍の芸人・曽呂利新左衛門に村重を探すように指示。

やがて捕えられた村重は光秀に引き渡されるが、光秀は村重を殺さず匿った。

村重の行方が分からず苛立つ信長は、思いもよらない方向へ疑いの目を向け始める。

だが、それはすべて仕組まれた罠だったのだ。

史実を根底から覆す波乱の展開が“本能寺の変”に向かって動き出す。

「さっさと死ねよ!!」というビートたけし演じる羽柴秀吉の叫びで幕を開ける本作。

天下人・織田信長の『首』を巡る戦いは、武将、百姓、芸人といった身分の違う男たちの

野望を燃え上らせて、容赦なく邪魔者を消していく!!


これだけのバイオレンスを見ると、

本当に暴力反対!!戦争反対!!




11/23 ROAD SHOW

(C)2023KADOKAWA (C)T.N GON Co.,Ltd

bottom of page