top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

幻滅

19世紀、嘘と詐欺にまみれたパリの都と

マスメディアの世界を鋭く描いたヒューマンドラマ

フランスの文豪オノレ・ド・バルザックの小説

『幻滅 メディア戦記』が原作。



19世紀前半。恐怖政治が終わり、

フランスでは宮廷貴族たちが

自由と享楽的な生活を謳歌していた。

詩人として成功を夢見る田舎町の青年リュシアンは、

貴族の人妻ルイーズとパリへ駆け落ちするが、

世間知らずで無作法な彼は社交界で蔑まれ

笑い者にされてしまう。

生活のために新聞記者の仕事を手にした

リュシアンだったが、先輩格のルストーに

「金のためなら魂を売らないといけない」と言われる。

当時は王政派に対して自由派の新聞編集者たちは、

広告主へのへつらいと、嘘とどぎつい記事で

論争を起こし、金を稼いでいたのだ。

そんな中、リュシアンはある大衆劇の擁護記事を頼まれ、

その芝居に出演していた十代の女優

コラリーの激情にも惹かれていった。

恥も外聞もなく、金のために魂を得る同僚たちに影響され、

当初の目的を忘れて虚飾と快楽にまみれた世界へ

堕落していくリュシアンの運命は・・・・・・。


華麗な貴族たちの暮らしと出で立ち、

裏にうず巻く陰謀と裏切り・・・

まるで現代の写し絵のようです。




4/14 ROAD SHOW

(C)2021 CURIOSA FILMS - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - GABRIEL INC. - UMEDIA

Comments


bottom of page