top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

2023年 BEST CINEMA 第3位 おしょりん

明治時代の福井県を舞台に、

今では日本産メガネの95%を生産している同地の

メガネ産業の礎を築いた人々の

情熱と愛を描いたヒューマンドラマ。



明治37年、福井県足羽郡麻生津村の庄屋の長男・

増永五左衛門(小泉孝太郎)と結婚したむめ(北乃きい)は、

育児と家事で忙しい日々を送っていた。

そんなある日、大阪で働いていた五左衛門の弟・

幸八(森崎ウィン)が帰郷し、村をあげて

メガネ作りに取り組まないかと持ち掛ける。

その頃、メガネはまだほとんど知られていなかったが、

活字文化の普及により今後は必需品になり、

成功すれば、冬は収穫のない農家の人々の暮らしを

助けることができるという。

初めは反対していた五左衛門も、視力の弱い子どもが

メガネをかけて喜ぶ姿をみて挑戦を決め、

村の人々を集めて工場を立ち上げるが・・・・・。


作家・藤岡陽子が史実を基に綴った同名小説が原作。

「おしょりん」とは

田畑を覆う雪が固く凍った状態を指す福井の言葉。

「おしょりん」になれば、

回り道しないで好きな所へまっすぐ行ける。

いくつになっても、どんな時も夢を目指そうという

熱い挑戦と絆で結ばれた人々の愛の物語。



11/3 ROAD SHOW

(C)「おしょりん」制作委員会

Comments


bottom of page