top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

老ナルキソス

ゲイでナルシストの年老いた絵本作家と

美しいウリセンボーイの葛藤から浮かび上がる

過去と未来の家族物語。



人生の黄昏に苦悩する山崎(田村奏二郎)は

衰えゆく自分の容姿に耐えられず、

作家としてもスランプに陥っていた。

そんなある日、ウリセンボーイのレオ(水石亜飛夢)と出会った。

山崎は、若く美しく活力に満ち、

おまけに素直で気立ても優しい青年に偏屈な

老ナルシストの自分の心が緩んでいくのを感じた。

そして山崎の絵本を心の糧として育ったという

レオに恋心を抱く。

レオもまた、幼い頃に亡くした父親の面影を

山崎に重ね合わせるが、

レオには一緒に暮らしているパートナーが居るのだ・・・。

すれ違いを抱えたまま始まった2人の旅、、、、、

その旅の果てに見えた景色とは・・・・・・。


LGBTQの人たちだけでなく、

“心の拠り所を見つけられない苦しみ”、

“抗いようのない時の流れの恐怖“に対してをテーマにしています。

ラストシーン『みんな、自分らしく生きていけばいいんだよ』と

感じさせてくれる作品。

劇中の絵本にも癒されます💓

監督:東海林 毅




5/20 ROAD SHOW

公式サイト:https://oldnarcissus.com/

(C)2022 老ナルキソス製作委員会

Comments


bottom of page