検索
  • Kotohime

桜姫東文章 上の巻


坂東玉三郎と片岡仁左衛門が36年ぶりに共演を果たした

あの名作歌舞伎を映画館で見よう!

『松竹シネマ歌舞伎』シリーズ第38弾。

鶴屋南北原作:恋の因果を描いた、

歌舞伎史上最もスキャンダラスでドラマチックな物語。



僧 清玄は、稚児の白菊丸と道ならぬ恋の果て

心中を図るが、一人生き残ってしまう。

それから17年後、高僧となった清玄は

17歳で出家を望む桜姫と出会う。

彼女は生まれつき左手が開かず、家宝の"都鳥の一巻"が盗まれ

父も弟も殺されるという不幸に見舞われていた。

清玄の手によって剃髪し、尼になろうとしている桜姫。

ところが姫が念仏を授かると、途端に左手が開き

〈清玄〉と名が記された香箱の蓋が・・・・・・

桜姫は白菊丸の生まれ変わりなのか・・・・・・。

一方、桜姫には秘密があった。

かつて暗闇の中で自分を犯した男の子どもを密かに産み落とし、

今でも一夜の甘美な思い出として、その肌が忘れられずにいた。

そしてある日、腕に鐘の刺青がある釣鐘権助と出会う。

権助こそ桜姫が思い続けてきた相手。

出家の意思は固かったはずの桜姫だが、

再びその身を権助に委ねてしまう・・・・・・。


磨き抜かれたの“芸”乱舞、艶やかな衣装の数々は

日本の伝統美です。

いつまでも大切にしたいですね。




4/8 ROAD SHOW

公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

(C)松竹

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示