検索
  • Kotohime

恐竜が教えてくれたこと

「地球最後の恐竜は、自分が最後って知っていたのかな?」

11才の哲学少年が経験するある夏の冒険物語。

夏のバカンスで家族とオランダ北部の島にやって来た

サムは11歳。サムは“死”や“孤独”について思いを巡らせている

繊細な少年で、家族の中で1番年下の自分が

ひとりぼっちになっても大丈夫な訓練を

この夏にしようと思っていた。


そんなサムが海辺の砂漠に掘った穴に兄が落ちてしまい

足を骨折、ママは偏頭痛がひどくコテージに籠り切り。

父は兄をつれて町の病院に行ったから、

いよいよ1人ぼっちの練習をしようと思っていたら、

サルサを踊る少女テスと出会った。


快活な魅力に溢れる彼女を一目見た時から

惹かれていたサムだが、テスのある秘密の計画を知り

協力していくことに。

一方、ある日サムは干潟を散策している内に夢中になり

危うく命を落としそうになったが、彼を救った老人から

それはすばらしい人生の道しるべを教わるのだった。

そして七日間の夏休みが終わる頃には・・・。

アンナ・ウォルツの児童文学書 「ぼくとテスの秘密の七日間」が原作。 色とりどりの思いが世代を超えてつながっていく 感動ファンタジー☆☆ 何度でも見たい作品です。

3/20 ROADSHOW

公式サイト

http://kyoryu.ayapro.ne.jp/

(C)2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

0回の閲覧

Join my mailing list. Never miss an update

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com