top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

二十歳の息子

ゲイの男性と施設で育った青年が

”父と息子“として家族になった。

彼らの新なる共同生活を追ったドキュメンタリー作品。



児童養護施設の子どもたちの自立支援団体

《ブリッジフォースマイル》で働く網谷勇気(40才)。

彼は自身がゲイで、様々なマイノリティの団体を立ち上げ、

講演会なども行っている。

ある日、勇気は2部屋の個室がある質素なアパートに引越し、

高校生の時から世話をしてきた渉を迎え入れる。

渉は今年、二十歳になった青年だが、

ある事件を起こし拘置所に入られてしまう。

身の置き場を失った渉に対し、

勇気は養子縁組をすることで自らが父親になり

同居することを申し出たのだった。

幼少期より両親の顔も知らず施設で育った渉と、

これまで家庭を持つことなど想定もしていなかった

勇気の共同生活が始まった。

多感な年頃の渉と関わりに戸惑う勇気。

一方、生まれて初めて帰るべき家を手に入れた渉は、

アルバイトをしながら自分自身の夢へと動き出すのだが…。


網谷勇気サン、その名の通り勇気ある行動です。

なかなか出来ることではないです。

島田隆一監督の丁寧な取材と撮影で制作が成された

貴重なヒューマンドキュメンタリーです。




2/11 ROAD SHOW

(C)JyaJya Films

bottom of page