top of page
検索
  • Kotohime

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

猫をモチーフにしたイラストで人気を博した

イギリスの画家ルイス・ウェインの生涯を描いた伝記映画。



19世紀末から20世紀にかけてのイギリス。

上流階級に生まれたルイス(ベネディクト・カンバーバッチ)は

早くに父を亡くし、母親と5人の姉妹を養うことに。

一家を支えるためにイラストレーターとして働く彼は、

やがて妹の家庭教師エミリー(クレア・フォイ)と恋におちた。

ルイスは身分違いだと大反対する

周囲の声を押し切りエミリーと結婚するが、

まもなく彼女は末期ガンを宣告されてしまう。

そんな時、庭に迷い込んできた子猫にピーターと名付け、

エミリーのためにピーターの絵を描き始めた。

深い絆で結ばれた“3人”は

残された一日一日を慈しむように大切に過ごしていくが、

ついにエミリーがこの世を去る日が訪れた。

以来ルイスはピーターを心の友とし、ネコの絵を猛然と描き続け、

後援者のウィリアム卿がクリスマス版特集として

ロンドンニュース紙に掲載すると

“ルイス・ウェインの猫の世界”を描いた作品は大ブレイク!

やがてルイスは「どんなに悲しくても描き続けて」

といったエミリーの言葉の本当の意味を知る__・・・。


夏目漱石にも影響を与えたといわれている

ルイス・ウェインの伝記ですが当時、

猫をペットとして飼う習慣がなかった世の中に

キャットソサエティーを誕生させた

ルイスとエミリーの真の愛の物語でもあります。




12/1 ROAD SHOW

公式サイト:https://louis-wain.jp/

(C)2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL

FOUR TELEVISION CORPORATION

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page