top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

メグレと若い女の死

フランスを代表するミステリー作家ジョルジュ・シムノンの

最大のベストセラー小説<メグレ警視シリーズ>から、

名作と言われている「メグレと若い女の死」を

パトリス・ルコント監督が映画化。

着飾った女性の血まみれ刺殺体。

高価なドレスと不釣り合いな安物の下着と靴。

事件に隠された悲しい闇をメグレ警視が丹念に暴く。



1953年のパリ。ドレス姿の若い女性の遺体が発見される。

身元を特定するものは何もなく、真っ赤な血で染まった

シルクのイブニングドレスには5カ所の刺し傷があった。

手がかりとなるのは若い女性には不釣り合いな高級ドレスのみ。

捜査を依頼されたメグレ警視(ジェラール・ドパルデュー) は、

まもなく殺された娘とルームシェアをしていた

女優志望の娘ジャニーヌにたどり着き、

殺された娘の名もルイーズと判明する。

メグレ警視はルイーズがなぜ殺されなくてはいけなかったのか、

彼女はどんな人生を送ってきたかを探るなかで、

事件に異常にのめり込んでいく______。


深い情感とやるせなさ…

フランスの極上のエスプリを感じさせてくれる

ヒューマンミステリー。




(C)2021 CINE-@ F COMME FILM SND SCOPE PICTURES

Commentaires


bottom of page