検索
  • Kotohime

ブリット=マリーの幸せなひとりだち

結婚して40年。エプロン外して、第二の人生はじめます。

前向きに生きようとする女性の姿を描いた

スウェーデン映画の大ヒット作品。

ブリット=マリーは、スウェーデンに住む専業主婦。

仕事で多忙な夫のために毎日食事を作り、

家中を綺麗に保ちながら40年間過ごして来た。

ところがある日、夫が出張先で倒れたという知らせを受け

病院に駆けつけると、付き添いには夫の長年の愛人が・・・。

これまでの生活を変えようと、

スーツケースひとつで家を出たブリット=マリー。

まず仕事を探すことにしたが、

ほとんど働いた経験もない63歳の彼女に就ける職は無く、

ようやくありついたのは小さな町・ボリの

壊れかかったユースセンターの管理人兼、地域の子供たちの

弱小サッカーチームのコーチという仕事だった。

持ち前の家事能力でセンターを綺麗にしたものの、

サッカーなど全く知らない彼女は子供たちから相手にされない。

そんなブリット=マリーを町の警察官のスヴェンや

ピザ屋のメモ便利屋のサミたちが力になってくれた。

「1日ずつよ、1日ずつ」と、

そう自分に言いきかせながら過ごす日々の中、

夫が突然迎えに来た・・・。

果たしてブリット=マリーはどうするのでしょう・・・?自分らしく幸せに生きるという 一番大切なことを思い出させてくれる感動作。

7/17 ROADSHOW

公式サイトhttps://movies.shochiku.co.jp/bm/

(C)AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

23回の閲覧

Join my mailing list. Never miss an update

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com