検索
  • Kotohime

ヒトラーに盗られたうさぎ

少女時代のヒトラーからの逃避行の体験を基に綴った、

ドイツの絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説

『ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ』の感動Cinema。

1933年、2月。ベルリンに住む9歳のアンナ兄・マックスと

カーニバルを楽しんでいた。しかしその夜、

何やら父と母が深刻な顔で話し込んでいるのを目にする。

そして翌朝、母から「家族でスイスに逃げる」と告げられた。

ユダヤ人で辛口演劇批評家の父は、メディアで

ヒトラーの批判を続けていて、次の選挙で

ヒトラーが勝利したら粛正が始まると忠告を受けていたのだ。

アンナは、持ち物は一つだけと言われ、

大好きな“ピンクのうさぎのぬいぐるみ”、

お手伝いさんのハインピー、食卓、ピアノ、書斎、台所と

一つ一つに別れを告げ大好きな家をあとにした。

この日を境に過酷な逃亡生活へと

一家は足を踏み入れて行くのであった。

その後、彼らはスイスからフランスを経由して

イギリスにたどり着くが・・・。

どんな状況に出会っても、 真すぐに前を向く少女アンナに拍手。

11/27 ROADSHOW

公式サイトhttps://pinkrabbit.ayapro.ne.jp/

(C)2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH/NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH 

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Join my mailing list. Never miss an update

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com