top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

ナチスに仕掛けたチェスゲーム

➖“特別処理室”での監禁生活を支えたのはチェスの本だった➖

オーストリアの作家シュテファン・ツヴァイクが1942年に

発表し、命をかけてナチスに抗議したベストセラー小説が原作。


ヨーゼフ(オリヴァー ・マスッチ) はウィーンの公証人。

妻と舞踏会を楽しむ富裕層。

しかし、ヒトラーの侵攻により、オーストリアは併合され、

公証人として貴族たちの財産を管理していた彼は

秘密国家警察ゲシュタポに突然拉致されてしまう。

ゲシュタポのフランツから貴族たちの銀行口座を教えるよう

迫られた、ヨーゼフだが、

「なんの話だかわからない」と答えると、

そのまま“特別処理室”に監禁されてしまう・・・・・。。。。。

家具以外何もない一室で彼は精神的な拷問を受け

衰弱、錯乱するが、一冊のチェスの本を手に入れ、

そしてチェスの世界へのめり込んでいく……。。。。。____ヨーゼフは久々に再会した妻とともに

アメリカへと向う豪華客船に乗っていた。

船内ではチェス大会が開かれていて、

ナチス監禁中に覚えたチェスの腕を見込まれ、

ヨーゼフはチェスの世界王者と対戦することに。

だが、彼はどうやってナチスから逃れたのだろうか・・・?

その謎が、チェスの白熱戦とともに

明らかになっていく。。。。。


物語の進行が巧みで“心”がとても苦しくなります。

命をかけてナチスへの抗議を執筆した作品には

時代を越える強いメッセージ力が!



7/21 ROAD SHOW

公式サイト:https://royalgame-movie.jp/

(C)2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

Comments


bottom of page