top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

スキンレスナイト

AV (アダルトビデオ)業界を背景に、映画を撮ることに揺れ動く

監督の姿を描いた生々しいヒューマンドラマ。

「鬼火」「恋極道」などAV作品で知られる望月六郎監督が

1991年に一般映画監督デビューを果たした自伝的作品。



加山はピンク映画を何本か撮った後、家族を養うために

仲間とプロダクションを経営しながらAV映画を制作している。

しっかり物の妻・千恵と幼い娘との生活は、まずまず幸せだ。

だが、ストーリー志向の強い加山のAV作品は刺激を求めて

過激さを増す業界の流れから取り残されつつあった。

仲間や後輩との衝突、学生時代の友人の癌・・・・・・

加山の周りで何かが変わり始めていた。

そんな時、

学生時代に作りかけた未完の8ミリ映画を見つけたことを


きっかけに「あの頃の自分に戻りたい」という衝動に駆られ、

昔の恋人・依子の家のそばに部屋を借り、

彼女との再会を果たす。

過去に抱いた夢と日々の仕事の間で揺れ動く加山は、

10日間も会社を空けて行方がわからなくなってしまうが・・・。


映画に対する熱い想いが伝わってきます。



9/16 ROAD SHOW

公式サイト:https://skinlessnight.com/

Comments


bottom of page