top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

シーナ&ロケッツ 鮎川誠〜ロックと家族の絆〜

日本で最も愛されたロックンロール・ギタリスト

☆鮎川誠の素顔と功績に迫ったドキュメンタリー作品。

ナレーションはバンドのファンでもあった俳優の松重豊が担当。



「死ぬまでロック」。

その言葉通りの人生を貫いたギターリスト

☆鮎川誠は福岡県久留米市に生まれた。父はアメリカ人。

1975年、博多でブルース・ロック・バンド“サンハウス”の一員としてレコードデビュー。

まだ練習スタジオもライブハウスも無かった時代だった。

バンドのファンだった悦子と結婚、“サンハウス”解散後は

妻・悦子と“シーナ&ロケッツ”を結成して上京。

細野晴臣がプロデュースで関わった

『ユー・メイ・ドリーム』の大ヒットを飛ばす。

以来、約36年間をシーナと共に活動、

2015年にシーナが急逝してからもバンドを続けた。


ギタリストとして最期までステージにこだわった☆鮎川誠は

最高のロックギタリストであると同時に妻と3人の娘たちと過ごす時間を

何より大切にする優しい家庭人でもあった。

「生活とロックはイコールという世界に、

シーナが引き込んでくれた」と話す☆鮎川だったが、

バンドの続行にはニ番目の娘がマネージャーとして加わり、

末娘がヴォーカルで正式加入して活性化。

2022年に結成45周年を迎え

☆鮎川はまだまだ走り続けると誰もが思っていたが・・・。


誰もの胸を熱くする珠玉のギタリスト人生です!



8/25 ROAD SHOW

公式サイト:https://rokkets-movie.com/

(C)RKB

Comments


bottom of page