検索
  • Kotohime

キネマの神様


松竹映画100周年記念作品

『キネマ=映画』の神様が壊れかけた家族を救う奇跡の物語

〜☆父親役ゴウを志村けんサンが演じる予定でしたが、

新型コロナで逝去されたことで、

志村サンと親しかった沢田研二サンが代役を引き継ぎました☆〜

監督︰山田洋次



無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は

妻にも娘の歩にも見放されたダメ親父。

そんなゴウにもたったひとつだけ愛しているものがあった。

それは「映画」。

行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、

若かりし頃映画の撮影所で働く仲間で、

その頃のゴウ(菅田将暉)は助監督として

テラシン(野田洋次郎)は映写技師として、

時代を代表する名監督やスター女優の園子(北川景子)、

そして撮影所近くの食堂の看板娘・淑子に囲まれ

夢を追い求め充実した青春を送っていた。

ところがゴウの初監督作品『キネマの神様』の撮影初日に

転落事故で大ケガを負い、

作品は幻となってしまった。

あれから約50年。ゴウの孫・勇太が

『キネマの神様』の脚本を見付けたことから、

ゴウの中で止まっていた夢が再び動き出した。


これは、『キネマ=映画』の神様を信じ続けた男の人生と、

共に紡がれた愛と友情そして家族の物語



8/6 ROAD SHOW 

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/

(C)2021「キネマの神様」製作委員会

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示