検索
  • Kotohime

オードリー・へプバーン

☆オードリーが旅立って30年が過ぎ去ろうとしている今、

名声に隠された本当の姿を描く、初のドキュメンタリー。

監督:ヘレナ・コーン




貿易商の父とオランダ貴族の母との間に生まれた

☆オードリーは、戦争のためイギリスに渡り

寄宿学校生活を送る。

6歳の時、父の裏切りにより両親は離婚、

母とオランダに移り住む。

この時バレエを習い始め

☆オードリーの夢はバレリーナになることだった。

しかし、ナチス占領下のオランダでは食料が底をついていて

成長期の栄養失調は彼女の体格を永久に変えてしまった。

結果、バレリーナの夢は休カ不足で断念したが、

1948年に母と共に再びイギリスへ。

ランバート・バレエ学校に入学、

コーラスガールとしてテビューを果たした。

その後、アルバイトで数本の映画に出演、

51年にブロードウェイ舞台作品「ジジ」に抜てきされ、

そのステージを見たウィリアム・ワイラーにより

「ローマの休日」の主役に選ばれた。

同作でアカデミ一主演女優賞を受賞して

一躍スターとなったオードリーは、

この後も「麗しのサブリナ」「ティファニー で朝食を」

「マイ・フェア・レディ」など

映画界だけでなくジバンシィとの出会で

ファッション界のアイコンとしても注目された。

だが、幼少期の父の裏切りは男性との関係に深い影響を与え、

二度の離婚を経験するが息子ショーンには女優業を休業して

育児に専念、深い愛情を注いだ。

そして後にスイスに渡ったオードリーは

“ユニセフ国際親善大使”となり

大規模な慈善活動を行うセレブの先駆けとなる。

人生の終りに向けて☆オードリーを誠実に愛する

ロバート・ウォルダーズと出会い

彼女が亡くなるまでの13年間を一緒に過ごした。


トラウマをパワフルで美しいものに

変えることが出来ると教えてくれたーー

ただのアイコンじゃない、それ以上の人生ーーを送った

オードリー・ヘプバーン感動のドキュメンタリーです。





5/6 ROAD SHOW

公式サイト:https://audrey-cinema.com/

(C)PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo

(C)2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示