top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

オットーという男

☆トム・ハンクスが町一番の嫌われ者を好演。

スウェーデン発のベストセラー小説

「幸せな一人ぼっち」の映画化。

孤独だった男が、近所に引越してきた一家とのふれ合いをきっかけに

再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。



ペンシルバニア州ピッツバーグ郊外、

63歳のオットー・アンダーソン(トム・ハンクス)は

いつもご機嫌斜め。

近所をいつもパトロール、ルールを守らない人には説教三昧。

挨拶をされても仏頂面で、野良猫には八つ当たりをする・・・、

面倒で近寄り難い存在。

そんな彼が人知れず抱えていた孤独。。。

教師をしていた妻に先立たれ、仕事もなくしたオットーは

生きる希望を失いホームセンターで

首吊り用のロープや工具を購入していた。

天井に穴をあけロープを固定し

首を吊ろうとしたオットーだったが、

向かいの家に引越してきたマリソル一家に邪魔され、

死にたくても死ねなくなってしまう。

世間知らずだが、陽気で人懐っこい、

お節介な奥さんマリソルは、

苦手な運転や、小さい娘たちの子守を

平気でオットーに頼んでくる。

勿論、お礼の手料理も忘れずに。

この迷惑一家の出現により

“自ら人生をあきらめようとしていた

男”の人生は一変していく_______。


美しく感動的な作品☆〜人生、捨てたもんじゃない〜☆です!



3/10 ROAD SHOW

公式サイト:https://www.otto-movie.jp/

Comments


bottom of page