検索
  • Kotohime

ウォーデン 消えた死刑囚

姿を消した死刑囚の行方を追う刑務所長の苦悩を描いた

懐かしくて人間味あふれるイランの異色サスペンス。

1966年、イラン南部。

空港の敷地を広げるため、

近くにあった刑務所が移転することになった。

所長のヤヘド少佐は囚人たちを

新しい刑務所へ移送する任務を命じられ、

無事成功させれば大きな出世が約束される。

ところが、1人の死刑囚が忽然と姿を消してしまう。

所外への逃走は無いと判断した所長は、

刑務所内を徹底的に捜査するのと同時に

死刑囚を担当していたソーシャルワーカーを呼び寄せる。

美しく聡明な彼女に所長は以前から好意を持っていたが、

調べると死刑判決を受けたアフマドは無罪の可能性が高く

ソーシャルワーカーの彼女も

アフマドをかばっている様子・・・。

それでも昇進が近い所長は懸命に

アフマドを捜し続けるが・・・。

国家の法律と個人の感情の板ばさみになって苦悩する所長。 まるで日本の義理と人情の世界感に近く 親近感を覚えてしまうイラン映画です。

2021/1/16 ROAD SHOW

公式サイト:http://just6.5andwarden.onlyhearts.co.jp/

(C)Iranian Independents

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Join my mailing list. Never miss an update

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com