top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

ウェルカム トゥ ダリ

天才芸術家サルバドール・ダリの

奇想天外な人生を描いた伝記映画。

ダリは1904年スペイン生まれ。

14歳で市立劇場の展覧会に作品が展示されるなど、

早くから絵の才能を認められていた。

29年に共同制作した映画『アンダルシアの犬』を公開、

女性の眼球を切断するシーンから始まる衝撃作は

非日常的で超現実な発想とされて高く評価された。

この後、時間の消滅や死を、溶けた時計や

ダリの強迫観念であるアリの群体などで表現。

40年にニューヨークに移住、

第二次世界大戦終結後の48年にスペインに帰国。

本作は、ダリがポップカルチャー全盛期の70年代の

ニューヨークで、ファッション、音楽、アートを牽引して

“いけない大人のダリランド”の日々を描く。



1974年、ニューヨーク。画廊で働きはじめた

ジェームス(クリストファー・ブライニー)は

、憧れの芸術家ダリ(ベン・キングスレー)と出会う。

圧倒的なカリスマ性を持つダリと、

彼に負けないオーラを放つ


妻ガラに気に入られたジェームスは、

ダリのアシスタントを務めることになり、

ダリが生み出す不思議で危うい世界へ招き入れられた。

だが、個展が3週間後に迫っているのに、ダリはパーティ三昧。

ガラはロックスターと浮気の日々。

作品は一枚も仕上がっていない。

するとガラが金のために描けとブチギレ、

ダリはジェームスの目の前で傑作を完成させた。

「私の絵はガラの血で描かれている。」

ダリはガラ無しでは生きられないのだ___。


ハードで濃厚な天才の生き様です!



9/1 ROAD SHOW

公式サイト:http: dali-movie.jp

Kommentare


bottom of page