top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

アルマゲドン・タイム ある日々の肖像

差別と格差が根付く80年代のNYを舞台に、

多感な12才の少年が培っていく友情。

時代を取り巻く理不尽や不平等を

浮き彫りにしたヒューマンドラマ。

ジェームズ・グレイ監督の自伝的作品。



1980年代、ニューヨーク。

ユダヤ系アメリカ人の中流家庭に生まれた末っ子ポール

(バンクス・レペタ)は公立学校に通う12才。

PTA会長を務める教育熱心な母

エスタ(アン・ ハサウェイ)、働き者でユーモア溢れる父

アーヴィング(ジェレミー・ストロング)、私立学校に通う

優秀な兄テッドと何不自由ない暮らしを送っている。

だが近頃は家族に対してのいら立ちと

居心地の悪さを感じていて、良き理解者で優しい祖父

アーロン(アンソニー・ホプキンズ)だけが

心を許せる存在なのだ。

想像力豊かで将来は画家になることが夢のポールは


学校での集団生活になじめず、クラスの問題児である黒人生徒


ジョニーと親しくなり、2人が学校でやらかした些細な悪事が

大きな波乱をもたらす。

そして、そのことがきっかけでポールとジョニーの

その後は大きく分かれていくことに________。




5/12 ROAD SHOW

(C)2022 Focus Features, LLC

Comentarios


bottom of page