top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

アウシュヴィッツの生還者

アウシュヴィッツからの生還者が明かす衝撃の実話。

ナチスをテーマとした数々の映画作品の中でも、

耳を疑うような知られざる真実がここに。



1949年、

ナチスの収容所から生還したハリー(ベン・フォスター)は、

アメリカに渡りボクサーとして活躍する一方で、

生き別れになったレアを探していた。

レアに自分の存在を知らせようと、

記者の取材で「自分が生き延びた理由は、

ナチスが主催する賭けボクシングで、

同胞のユダヤ人と闘って勝ち続けたからだ」と告白、

一躍時の人となった。

だが、レアは見つからず、

彼女の死を受け入れたハリーは引退した。

それから14年の時が流れ、

別の女性と新たなる人生を歩んでいたハリーだが、

彼女にさえ打ち明けられない秘密が彼を苛んでいた。

そんな中、レアが生きてるという報せが届くが…。


第二次世界大戦中、終戦後、

1960年代と3つの時代を行き来しながら、

人間の崇高さと残虐さに迫るヒューマンドラマ。



8/11 ROAD SHOW

公式サイト:https://sv-movie.jp/

(C)2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Opmerkingen


bottom of page