top of page
検索
  • 執筆者の写真Kotohime

きのう生まれたわけじゃない

自由になりたい中学2年生の少女と、妻を亡くした77歳の元船乗りの老人の交流を描いた少し不思議なヒューマンドラマ。

詩人、映画監督として活躍、2023年に他界した福間健二監督の遺作。本作では元船乗り・寺田を自ら演じた。



母とニ人暮らしの七海は中学2年生。

彼女は今日も学校には行かない。

川べりで夫を亡くしたばかりの岬と出会い心を通わせる。

七海は人の心が読めるのだ。

一方、77歳の寺田は、若い頃に妻を亡くした元船乗りで、

最近は老人たちが集まって飲み食いする

“憩いのベンチ”に参加している。

そこにやって来た七海は、老人たちに

「長生きしてもいいことないのかな」と聞き、

自分にはいいことがないと言った。

すると老人たちは

「若いのにそんなこと言うんじゃないよ」とたしなめたが、

七海は『きのう生まれたわけじゃない』と言い放った。

やがて、寺田とともに“憩いのベンチ”を抜け出した七海は

彼女の名前を褒めてくれた寺田との時間を過ごす。

寺田は、人の心を読める七海に驚く。

だが七海は、母の心だけは分らないのだと話す。

そしてその夜、寺田の前に亡くなった妻の綾子が現れ…。


独特の時間が流れる中、

心に傷を持つ人たちが身を寄せ合い心の隙間を埋め合って行く、

ぽかぽかと温かいヒーリングムービー。




11/11 ROAD SHOW

(C)2023 tough mama

Comments


bottom of page